こんにちは。

私が暮らしているのは日本海に面した新潟県で、
冬は太陽が顔を出すことがなく、ずっと雪か雨が降っています。
冬は寒くて天候が悪いので、インドア練習中心の練習になり、
インドア練習はすぐに飽きるので
やる気が出なくて、ついついサボりがちになってしまいます。

人によっては、ウィンタースポーツをやったり、
関東地方などで開催されるマラソン大会に出たりしますが、
私は冬は基本的にレースを入れません。
 
レースがなくても、夏と同じように
ガンガン練習する人も周囲にいます。
そういう人たちは意志力がすり減ることはないのかなぁ、と思っていました。
いつか、反動で燃え尽きちゃうんじゃないかと、
他人ながらに心配したりして・・・

でも、どうやらそんな心配は必要ないようです。
意志力は簡単に減ったり増えたりするようなものでもないらしく、
というか、物事に向かう気持ちに意志力は関係ないのだそうです。
意志力云々より、その人にとって、その行動の優先順位が高いか低いか、の問題で、
心身が疲れてるから意志力がすり減るなんてことはないとのこと。

参考:
Harvard Business Review「意志力にまつわる30年の誤解を解く」


 
言われてみれば、ストンと腑に落ちます。
夏は、数ヶ月おきにレースを組んでいるので、
自分の生活における、練習の優先度はたかいし、
冬は、レースの予定がないから優先度は低いです。
ただし、最低限の基礎練習を続けておかないと、
春になって苦労するということを知っているから、
優先順位を最下位まで落とすことはありません。

また、夏の間にあまりできなかった
読書やスキルアップのための勉強などをやりたい気持ちがあり、
練習の優先度を落としているというのがあります。
心の声、というやつです。
本を読みたい、という欲求のほうが強いのですね。
 
おそらく、
読みたい本がなくて、冬にマラソンの1つか2つエントリーしていれば、
自然と練習する生活になっていくんだと思います。

こういう、物事に対する心の向きようは、
上手くコントロールすれば、目標達成や習慣化の武器になりますね。
学生は、勉強する部屋から、スマホやゲームや漫画本などを排除するとか。
客観的に見たら、勉強の優先順位は最上位でも、
目の前に誘惑があったら、目先のものに優先順位を逆転されてしまうかもしれません。
受検までまだ時間のある中高の1・2年生辺りは罠にはまるかもしれませんね。
長期的視点で考えたら、自分に不利に働くことに気づいて、
思い切って誘惑を排除する勇気と行動力が大事なのでしょう。
あれ?それを世間では意志力というのかな?

まぁ、そんなわけで、
読書やスキルアップは自分にとっては大切なことだと思うので、
この時期くらいは、ちょっとだけトライアスロンの優先順位をさげても良いかな、と思っています。


やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

→[Amazon.co.jpで探す]
→[楽天市場で探す]

 

今回は以上です!
はちゃの!

Follow Me -SNSも絶賛運営中!-

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を