佐渡トライアスロンまであと1週間を切りました。

私は、あと数日となっても
レースで使用するバイクのチョイスで悩んでいます。

佐渡のバイクコースは終盤で
アップダウンの多い場所を走ります。
小木の峠が有名ですが、
そのほかにも小さな登り下りが連続します。
 
ポイントはこの山岳区間を
いかにラクに走れるかということ。
ここで脚を使ってしまうと、
その後のランで失速してしまうからです。

脚を温存するという点では
乗っているバイクの快適性が重要な要素となります。
 
「バイクの快適性」をさらに掘り下げると
●フレームの硬さ
●タイヤ(ホイール含む)の硬さ
●シューズの硬さ

が三大要素となります。
 
私も、20歳代くらいまでは
イケイケの感じで、
カッチカチの硬いバイクに乗っていました。
硬いフレームに、キンキンに張ったスポーク、
カンカンの空気圧で。

しかし、40歳代となった今では、もう無理です。
脚が持ちません。

硬いバイクは加速が良いし、
グイグイと踏めば踏むほど進みます。
でも、その分脚へのダメージの跳ね返りもハンパないです。
 
最近ではいかにラクにバイクに乗るかばかりを考えています。
必然的に、柔らかめの機材を使うこととなります。

衝撃吸収性に優れたワイドリム&タイヤ、
樹脂ソウルの柔らかいシューズを使います。

問題はフレーム、
TTバイクで行くか、
ロードバイクで行くか。

TTは硬いフレーム。
ロードは、適度に柔らかいフレーム。

今回走るのは
佐渡Bタイプの105kmのバイクコースなので
硬いTTでも、タイヤとシューズの柔らかさだけでなんとか
なるかもしれない・・・とか、
ギリギリまで悩む私です。


SHIMANO(シマノ) TR500MW SPD/SPD-SL ビンディングシューズ ESHTR5OC430SW00

→[Amazon.co.jpで探す]
→[楽天市場で探す]

【SNSで繋がりましょう!】
Facebookでの友達リクエストはいつでもWelcome!
https://www.facebook.com/tachibana.keisuke
メッセンジャーで、質問いただければ、
あなたの疑問に何でも(できる限り)お答えします。無料です。

Strava フォローする

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を