10月になりました。本格的に秋ですね。
ついこの間まで夏だったのに、そして、ついこの間、佐渡のレースだったのに、
あれからもう1ヶ月経ってしまいました。早っ!

10月7日は今季最終戦。
バイクをパッキングして空港に送りました。


今日から休息週間です。
もう、あまり追い込む練習はしません。

といっても、
つなぎ練習は必要です。
体を動かす感覚を忘れないように、適度に運動していきます。

レース前に、「刺激入れ」という名目で、
高負荷で短時間のスプリント練習をする人が多いですね。
1km全力もがき走を2本~3本とか。
調整方法は人それぞれだけど、
私個人的には、レースウィークにそこまでの高負荷練習は必要ないと思います。
以前にも書きましたが、大腿四頭筋、大臀筋、広背筋などの
大きな筋肉は、ダメージから回復するのに4日程度かかります。
「刺激入れ」の度が過ぎて、筋肉痛が出るほどの練習をしてしまうと、
レース当日までに回復せず、本来の実力を出せない可能性が高いからです。

私なら、むしろ、強度は落として、
4~5kmジョグなどにしておきます。
その中で8割~9割の力で、200m流し走など1~2本入れれば
「刺激入れ」としてはちょうど良いかな、と思います。
 

「刺激」という単語のイメージが強すぎる

「刺激入れ」という言葉のイメージが過激過ぎますよね。
刺激、という単語が一人歩きしてるというか。
ポイントは、あくまで「つなぎ練習」と考えることです。

それと・・・
1週間前なので、
早起き練習しておきます。
レース当日はおそらく、3時には起きないとダメですから。

今回は以上です!

note版ブログもよろしくお願いします!
https://note.mu/triaid

はちゃの!


 

【SNSで繋がりましょう!】
Facebookでの友達リクエストはいつでもWelcome!
https://www.facebook.com/tachibana.keisuke
メッセンジャーで、質問いただければ、
あなたの疑問に何でも(できる限り)お答えします。無料です。

Strava フォローする

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を