こんにちは。タチバナです。

平成最終日に思う

今日は平成時代最後の日です。
今日は、やることなすこと全てが「平成最後の○○」です。

私は、
トライアスリート的に言えば
「平成最後の筋トレ」
「平成最後のジョギング」
などをやっています。
「平成最後のライド」は昨日でした。

せっかくなので、夕方からは
「平成最後のぐうたら」
「平成最後の酒飲み」
をしながらゴロゴロ過ごそうと思っています。

昭和天皇が崩御され、
年明け間もない時期に慌ただしく、
バタバタと見切り発車的に始まったのが平成という時代でした。
なので、終わりは、落ち着いて「のんべんだらりと終わる時代」というのもありかなと。
そういう意味で、敢えてゴロゴロ、ぐうたらで
酒を飲みながら私の平成時代を終えようかと思っています。

「昭和の人間」と「平成の人間」

考え方や、行動様式の違いを現す言い方で、
形容詞としての「昭和」と「平成」ってのがあります。
「昭和的考え」「平成的価値観」なんて言われたりします。
人そのものを指して「あの人は昭和の人間だから・・」などとも言います。

「昭和の人間、平成の人間」を考えたときに、
私たち、40歳代あたりの人ってどっちなんだろうと考えてしまいます。
私の両親は、戦後間もない昭和20年代産まれ。
昭和の時代を40年以上生き、平成は30年ですので、
「昭和の人間」と言って良いでしょう。
逆に、30歳以下の世代は言うまでもなく「平成の人間」です。

では、私たち40歳代は、どっちか。
確かに生まれたのは昭和時代です。
しかし、社会の価値観や常識を知る前の小学生や中学生の年齢で平成になり、
その後、成人し、社会人として生きてきた時間は全て、平成時代です。

昭和生まれの平成人間、とでも言いましょうか、
なんだか宙に浮いたような世代が私たち40歳代なんだなぁ、と思ったりします。
 
今日と明日で、暮らしが変わるわけではありませんが、
1つの区切りとして、平成時代に感謝をしつつ、
新しい令和時代の幕開けである5月1日を迎えようと思います。

今日もトライエイドに来てくれてありがとうございます。

大晦日は毎年あるけど、「平成晦日」は今日限り、二度と来ません。
出かけたり、どんちゃん騒ぎをするわけではありませんが、
一人カウントダウン、やりましょうかね。

渋谷辺りでは凄い騒ぎになる予感。

今回は以上です!
はちゃの!

Follow Me -SNSも絶賛運営中!-

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を