ベルハンマー、AZ(エーゼット)、Finish Line(フィニッシュライン)、
オイルの有名3ブランドですが、
私がチェーンオイルとして所有している3つが氷点下でどのような状態になっているかという動画です。

フィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ

価格 3.0
潤滑性 3.0
持続性 2.0
サラサラ感 5.0

レビュー

フィニッシュラインノドライタイプはほんとにサラサラで、飛び散りがなく、チェーンを綺麗に保つことができるオイルです。
その分、潤滑性能の持続性もあまり長くないため、トライアスロンなら晴れた日のショートディスタンスに向いていると思います。
50km過ぎると、チェーンがキュルキュル鳴き始めます。
普段使いなら、毎回乗る前オイル差しをする必要があります。
それができる人にならオススメです。
ですが、動画にもあるように、低温にめっぽう弱く、気温が5度を切った辺りで固まって使い物にならなくなるので注意です。
冬ライドには使えません。

 

LSベルハンマー(スズキ機工)

価格 2.0
潤滑性 5.0
持続性 4.5
サラサラ感 2.0

レビュー

ベルハンマーはチェーン専用オイルでもなければ、自転車専用でもない、広い用途に使える工業用オイルです。
テレビで紹介され有名になりました。
その潤滑性能は驚異的で、ベルハンマーを差したチェーンで走りだしたときに感じる軽さはプラセボではありません。
氷点下でも固まることなく潤滑生を維持してくれます。
自動車エンジンオイルにも添加可能なオイルであるため、低温にも高温にも強いのです。
あえて難点を上げるとすると、やや粘度が高いため、チェーンが汚れやすいところ。
ドライタイプとウェットタイプの中間くらい、セミウェット的な粘度でしょうかね。
いくら本来の潤滑性能が良くても、路面のゴミや砂を拾ってチェーンが汚れていたら意味ありませんので、走行後はチェーンの汚れを拭き取る必要があります。
私はもう、ながいことベルハンマー愛用です。
レース前にピカピカに洗浄したチェーンにベルハンマーを差して走れば最強!
めっちゃめちゃかっ飛ばせますよ。

   

AZ B1-004 ロードレース用

価格 5.0
潤滑性 4.0
持続性 3.5
サラサラ感 30

レビュー

AZは総合オイルメーカー。
自転車用オイルもさすがの性能です。
B1-004はロードレース専用です。
粘度はフィニッシュラインのドライタイプとベルハンマーの中間くらいでしょうか。
氷点下5度でも固化しませんでした。
メンテナンス性、価格などの面で、ベルハンマーよりもAZを推す人も多いですね。

個人的には潤滑性能はやはりベルハンマーかな。
 
※AZのCKM-001というオイルはベルハンマーと同じく「超極圧潤滑」を謳う製品で、潤滑性能も優れていると推測しますが、今のところ使ったことありませんので何ともレビューできない状況です。
※ただし、自転車の潤滑程度では違いは分からないとする意見も多数です。

【お知らせという名の宣伝】
やる気はあるのになかなか成果の出ないトライアスロン初心者~中級者のための練習メニューを作成・パーソナルコーチングいたします。
・トライアスロンに興味があるけど何から始めたら良いかわからない。
・疲れる割りに速く走れない、泳げない。
・仕事が忙しいので効率的に練習出来たら・・・
・上級者と一緒に練習しても付いて行けない。
・周りが男性ばかりで練習がきついという女子アスリート
・ダイエットにランニングや水泳を取り入れたい
そんなあなたをサポートする完全個別メニューを作成、
パーソナルコーチングをいたします。
運動経験ゼロからトライアスロンを始めた自分の経験とノウハウを
出し惜しみせずお伝えし、
目標達成まで無理なく楽しく到達するようお手伝いします。

↓詳しくはこちらから↓
  

 

【SNSで繋がりましょう!】
Facebookでの友達リクエストはいつでもWelcome!
https://www.facebook.com/tachibana.keisuke
メッセンジャーで、質問いただければ、
あなたの疑問に何でも(できる限り)お答えします。無料です。

Strava フォローする

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を