私は4~5年前からレースウェアは半袖タイプのものを使ってる。
最近は、エアロ効果やレース中の直射日光によるダメージ軽減とかで
半袖ウェアがトレンドになってきてるけど、
私の場合、日焼けは日焼けでも、レース中のダメージ云々より、
長年紫外線を浴び続けた肩や背中のシミがすごい事になってきて、
このままじゃ皮膚ガンになるのでは・・・?と心配になったから。

そうなると、半袖タイプは前面フルジップのがいいな、となってくる。
なぜか。
 
理由はスイム。
アイアンマンでは水温24度以上でウェットスーツが原則禁止になる。
そうすると、多くの選手が、ノースリーブタイプのウェアの上に
スイムスーツというものを着て泳ぐ。
スイムスーツってのは布製のスイム専用ワンピーススーツで
浮力の無いウェットスーツみたいなもの。
浮力は無いけど、水流の抵抗を受けない素材の強みを活かすものだと思うけど、
私自身の経験上、このスイムスーツってのは、
よっぽど体にフィットしていないかぎり、水中でごわついて
むしろマイナスに働く気がするのだ。
首周りや袖周りから水が浸入するようだと明らかに抵抗になるし、
腰のくびれあたりもピッチリフィットしていないと、水袋みたいになって
速く泳ぐどころではない。
一時期流行った、スイムスキンというやつは着るのに何分もかかるくらい
タイトなもので、大変良いものだったが、
競泳界で大流行し、世界新が量産された末に禁止された。
私も流行に乗っかって5万円も払ってスイムスキンを購入し、
使わないうちに禁止された(泣)
スイムスキンに代わる形で出て来たスイムスーツだったが
値段は相変わらず4万とか5万とか、めちゃくちゃ高価な割に
個人的に効果が感じられないウェアである。
お金がある人でが小さめのサイズのスイムスーツをタイトに着て、
ヘタリがでる前に1試合か2試合毎に買い換えるのであれば有効かもしれない。

また、ワンピースタイプのトライウェアを着れば、スイムスーツ不要で、
3種目通せるので万事解決なのかもしれないが、
私は試した事が無い。それこそ、採寸して作ってもらったものじゃないと
怖くて買えないし、何より、ロングのレースで、運固するとき不便じゃない?
必ず1運固か2運固はするもの、私。



というわけで私の結論として、
スイムは上半身裸で泳ぐのが一番楽ちん。(男性限定)
水流抵抗値はスイムスーツの生地に負けるかもしれないけど、
生地がごわついたり、動きが阻害されることが無いので
ストレスフリー。タイムだってそんなに差が出るもんじゃない。

上半身裸で泳ぐ→T1で前面フルジップの半袖ウェアをさっと着る

フルジップでなく、かぶって着るタイプのウエアだと
濡れた体で着るのが困難となる。
バイクで着る半袖ウェアはトライアスロン専用ウェアでなくても可。
バイクジャージでランを走るのも可能だ。

バイクで着るジャージは、風でばたつかないものをチョイスしよう。
さらに、ロングのレースならT2でランウェアに着替えるのもあり。
それほどのタイムロスにはならないし、
気持ちをリフレッシュするためにも有効だと思う。

【SNSで繋がりましょう!】
Facebookでの友達リクエストはいつでもWelcome!
https://www.facebook.com/tachibana.keisuke
メッセンジャーで、質問いただければ、
あなたの疑問に何でも(できる限り)お答えします。無料です。

Strava フォローする

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を