11月29日、皆さん、肉食べてますか?いい服着てますか?
林家ペーさん、誕生日おめでとうございます!

私は若い頃に比べて、ここ数年はほんとに肉を多く食べるようになりました。
肉と、卵ね。

食品から摂取するコレステロールが血中コレステロールの増減にあまり関係ないようだ、ということが分かったこと。
そもそも、コレステロールに良いも悪いもないよね?という説なども、私の肉食に拍車をかけています。

私のここ数ヶ月の食事方法をご紹介します。

基本的に私は朝練派で、年間を通じ4時前後に起床します。
日の出の早い春夏は3時台後半、寒く暗い秋冬は4時台前半(起きるのが辛くて)という具合です。
 
 

 

朝練前はコーヒーだけ

起床後、まず、濃いめのコーヒーに、バターを混ぜたのを飲み、練習を始めます。
正味の練習時間が夏2時間、冬1.5時間、その後に朝食という流れです。
 

朝食は炭水化物抜き

朝食は、ご飯やパンなどの炭水化物は食べずに、練習直後のプロテイン入り豆乳と、卵料理など。
朝食に炭水化物を摂らない食事習慣はかなり長いこと続けていますが特に弊害はなさそうです。
 

お昼からは白米を食べる

お昼はお弁当。
お昼も卵料理と肉or魚をメインディッシュに白米を茶碗一杯分ほど食べます。
弁当箱の容量の関係で野菜類が不足しがちなのが目下の課題です。
 

夜は特にバランス重視で

夕食も白米を茶碗一杯と、味噌汁、肉or魚料理、野菜料理と、ごく一般的なメニューです。
お昼に野菜が不足している分、バランスを重視して食べるように心がけています。

以前は、揚げ物を極端に嫌ったりしていた時期もありましたが、最近はさほど気にしなくなりました。
サラダ油などの植物由来のオイルは(なるべく)摂らないように気をつけていますが、料理してくれる家族に申し訳ないので、完全シャットアウトではありません。ココナッツオイルやオリーブオイルはOKです。
 

カロリー制限は逆に太る

食事全体を通じて、カロリー不足にならないように心がけています。
痩せたいという思いから、カロリーを減らすのは逆効果。
体は飢餓感を感じると、脂肪を積極的にため込もうとしますし、筋肉や骨を分解してエネルギーに変換しようとしますので、
華奢なのに体脂肪率は高い、隠れ肥満まっしぐらですよ。

以上、私の食事内容でした。
なんの科学的エビデンスにも基づいたものではなく、自分の経験則に基づく方法でしかないので、真似することは推奨しません(笑)

ただ、アスリートにとって、食事はとても大事なものなので、自分なりのメソッドを持つことは良いと思います。
 

今回は以上です!
はちゃの!

Follow Me -SNSも絶賛運営中!-

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を