最近ロードバイクに乗り始めた知り合いから相談を受けました。

ロングライドに出かけたのは良いが
お尻が痛くて楽しめなかったと。
 
お尻が痛くならない良いサドルはないものか、と。
 
ロードバイク初心者がお尻痛に悩むのは
通過儀礼というか、登竜門というか、
誰しもが経験するところです。
我慢して乗っていればそのうち慣れる
と言ってしまっては元も子もありませんので、
私なりにアドバイスしました。
 

1、クッションの効いたトライアスロンサドルを使う。

トライアスロンはパンツのパッドが薄いので、
その分、サドルが柔らかく作ってあります。

2、穴あきサドルを使う。

サドルの中央付近に穴の空いたサドルを使えば
尿道を圧迫しないので楽に乗れるかもしれません。

3、サドルの取付角度を上げてみる(上向きに)

サドルを水平よりもやや前上がりにセットすることで
サドル後方の幅の広い部分にドカッと座ることができます。
これにより荷重が分散され痛みが和らぐかもしれません。

相談してくれた人は、完成車を購入した際に
標準装備で付いてきたサドルを使用しています。
レーシーなモデルではないので
硬すぎることはないのですが、
まだ慣れていないので痛くなることは避けて通れないと思います。
まずは、新しいサドルを購入するのではなく
角度調整をして、尿道に圧がかからないように乗ってみるそうです。
 
サドルの取付角度は水平が基本ですが、
体重による「しなり」を考慮して、
やや前上がりにセットすることは、
ポジション維持の面からもオススメです。


FIZIK(フィジーク) ARIONE TRI K5 kiumレール

→[Amazon.co.jpで探す]
→[楽天市場で探す] 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を