日付は少し遡りますが、2017年の大晦日は櫻井譲選手とのランセッションでした。
クリスマス頃から寒波が訪れ、一時は暴風雪警報が出るなど大荒れの天気が続きましたが、大晦日は朝から晴れ間が覗き、ラッキーでした。
朝のうちは路面が凍結しており、ラインを選んで走っていましがた、だんだんと気温が上がって来ました。
積雪はこの時期としては多くもなく少なくもなく、普通です。


足下の悪い路面の上、防寒対策でお互い着込んでいますので、スピード走はもちろんのこと、フォームなどの技術的な指導などはほとんどできませんでした。
その代わり、と言うわけではないですが、2018年にアイアンマン(ロングディスタンス)に挑戦する櫻井選手の質問に答える形でアドバイスなどをしながらゆっくり走りました。
五島や洞爺湖のアイアンマンがなくなった今、出場しようと思ったら海外に遠征しなくてはなりません。
そこで、私がレースで遠征したことのある国々のことや、機材の航空運搬の注意点やコツ、各レースのコース特徴や、運営のことなどなどなどなどをお伝えしました。

櫻井選手の興味は、マレーシア(ランカウイ島)とオーストラリア(ケアンズ)にあるようです。

そのほか、台湾、韓国、あたりが近場なので安価で行ける場所などを視野に入れていました。
また、ITUロング世界選手権にも興味があるようでしたね。

私はITUロングには出たことがないので、具体的なアドバイスはできないのですが、アイアンマンと同じく良い経験になることは間違いないですし、海外にレースで行くという点では基本的には同じでしょう。
ツアー会社を通じて行くのであれば何も心配いらないと思います。
ただ、これ、佐渡や五島で入賞して権利を獲らないとだめなんで、2018年というより、2019年に向けての目標ですかね。

こんなかんじで、あれやこれやと話しながらゆっくりめに走りました。
櫻井選手の時間の都合で20km走ったところでお別れ、その後1人ランで計30km、良い走り納めとなりました。

2018年はどんな年になるでしょうか。
私は例年と違い、いきなり3月に大阪の「寛平マラソン」に出場します。
雪国なので春にレースを入れるなんて普通やらないんですが、今回は思い切って申し込みました。
さらに、来年は佐渡国際トライアスロン大会に応募しようと思います。
受かれば4年ぶりの出場となります。
そして、メインは10月のアイアンマン台湾
何とか結果を残したいと思っていますが、体と相談しながら無理せず練習していこうと思います。
 

今回は以上です!
はちゃの!

Follow Me -SNSも絶賛運営中!-

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を