ロードバイクのサドル座面は水平が基本です。
では、トライアスロンバイクは?
DHポジションを多用するトライアスロンバイクは
前傾が深くなり、前乗りになるので
サドルはやや前下がり気味が良いです。

・・・・・と言われることがありますが、

私は、やはりロードと同じく水平が良いと思っています。
なんなら、やや前上がり気味でも良いかもしれません。

なぜかというと、
深い姿勢で乗っていると、
無意識のうちに腰の位置がどんどん前に行きます。
サドルが前に傾斜していたらなおさら、
どんどんサドル先端に重心が移っていきますね。
 
すると、座面が下がるので窮屈なペダリングになります。
頻繁に座る位置を補正しなくてはならず、
余計なエネルギーを使います。
サドル上で座る位置を意図的に変えて、
疲労を分散させることはライディングスキルとしては有効ですが、
意図せず、どんどん前に出て行くのは良いことではありません。

骨盤がサドルの広い場所に乗り、
安定して座っている状態が、
効率よくペダルを回せる位置です。
無駄なエネルギーを使わずに、楽な姿勢で乗れるように
サドルの角度を調整します。

そうなると、水平か、
私個人的には
(体重でサドル先端が押し下げられた時に
水平になるように)やや前上がりだと、
ポジションを崩さずに乗れるのでお勧めです。

まぁ、とはいっても
これは好みの問題ですので、
いろいろ試して自分なりの最適解を見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を