先週末、魚沼市から福島県檜枝岐村に続く
国道352号線の枝折峠の冬季閉鎖が解除されたので
早速登ってきました。
この峠道は全長約10km、標高1070mまで上がります。
夏にヒルクライムレースも開催される道です。
魚沼市にある名だたる峠道の中において
枝折峠は最高難度、最高の達成感を味わえます。
(と言っても、大抵のサイクリストさんなら登れますけど)
週末は天気も良く、
開通を待ちわびたサイクリストさんたちで賑わってました。

私は、トライアスロン用バイクに「てっちんホイール」で、
一般のサイクリストから見たら異質な存在でしょうが(笑)
自宅から目と鼻の先にあるこの峠はホームグラウンド。
自転車で登った回数なら間違いなく私が世界一です。
なんせ、通勤前に毎日登れちゃいますからね。
 
あ、でも、土曜日はDHバー付けたTTバイクの人も
数人見かけました。
ヒルクライムには向かない、
重いTTバイク&前乗りポジションで
激坂をヨダレ垂らしながら登るマゾ的な人間は
私だけではないということですな。
 

峠道からは越後駒ヶ岳がよく見えるのですが、
この日は少しかすんでいました。
山頂の駐車場は満車でした。
駒ヶ岳への登山客も峠の開通を待ちわびていたのでしょう。
 
枝折峠が開通すると、
私のバイク練も本格化し、シーズン本番という気持ちになります。
この先1ヶ月くらいは梅雨が続きますが、
晴れ間を見て登りたいと思います。
(雨の日は、頂上付近は寒いし、
 路面が滑り危険なので登りません)

 
PS
国道352号線、枝折峠は開通しましたが、
銀山平~鷹ノ巣~福島県境は、
もうすこし冬季閉鎖が続くようです。
開通は6月29日の予定だそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を