ジュンジュン

そもそもトライアスロンてなんなのさ。


ヒロヒロ

スイム(水泳)・バイク(自転車)・ランニングの3種目を連続して行うスポーツをトライアスロンと言います。


橘

てか、知ってて聞いてるよね。


ジュンジュン

ゼロから始める人の心の声を代弁してるのよ。


ナオナオ

トライアスロン=鉄人レースって言われるわよね。


橘

「鉄人」という言葉の意味するところがなんなのか、というか
大人の事情みたいなものもあって、難しいんだけどね。
これはおいおい説明するとして・・・・


ナオナオ

・・・として。


橘

今日は距離のことを説明します。
一口にトライアスロンと言っても、レースの距離設定がいろいろあるのです。


ジュンジュン

佐渡島の大会はすごく距離長いよね。


橘

佐渡は一番長いタイプ。
トライアスロンにはザックリ言うと3種類の距離設定があります。
短距離・中距離・長距離。
ここ大事なところなのでしっかりと覚えておいてね。



長距離(ロングディスタンス)

スイム3.8km、バイク180km、ラン42.2kmで行われ、トライアスロンでは一番長い距離設定です。
アイアンマンディスタンスとも言われます。
各地の大会によって、ややバラツキがありますが、
1977年にハワイでこの距離設定でのレースが行われたことがきっかけで定着しました。
日本国内においては、
・長崎五島
・佐渡島(バイク190km)
・宮古島( スイム3km、バイク157km、ラン42、2km )
・鳥取皆生(スイム3km、バイク140km、ラン42.2km)
でロングディスタンスのレースが開催されています(2016年現在)。
佐渡は距離がすこし長く、宮古島と皆生は短めです。
コースの条件によりますが競技時間は世界トップクラスで約8時間、
アマチュア上級者で9時間~11時間
中級者で11時間~13時間程度となります。
トータル226kmにもなりますので、
人並み外れた持久力が必要です。

ハーフディスタンス

ロングディスタンスの半分の距離、
スイム1.9km、バイク90km、ラン21.1kmで競われます。
競技の特性として、ロングディスタンスのような持久力と
後述のショートディスタンスに必要とされるスピードの両方が要求されます。
持久力系の選手とスピード系の選手がそれぞれの作戦で駆け引きをするので
展開がころころ変わるのもこの距離の特徴です。
競技時間はトップ選手で4時間代前半、
アマチュアでは5時間~7時間程でしょう。
中級者以上であれば完走は比較的容易です。
多くの場合、ロングディスタンスの大会で
ハーフ部門が同時に行われますし、
愛知県常滑市や石川県珠洲市でも開催されます。
(2016年現在)
大会によって距離のバラツキが多少あります。
 

短距離(ショートディスタンス)

スイム1.5km・バイク40km・ラン10km
スタンダードディスタンスとも言われます。
また、オリンピックではこの距離設定で競技が行われるため
オリンピックディスタンスと言われることもあります。
一般的なトライアスロンでは最も短い距離設定です。
(実は更に短い*スプリント競技がありますがあまりポピュラーではありません。)
競技時間はコースレイアウトにもよりますが、
エリートクラスであれば2時間を切りゴールします。
アマチュアでもトップクラスであれば2時間ちょっとです。
ただ、タイムを度外視で完走を目的とするだけであれば
難易度はさほど高くなく、初心者が入門レースとして参加し、
経験を積むのにはうってつけと言えるでしょう。
レースは各地で行われています。
受付・登録は通常前日に行われますが、
ショートディスタンスは当日受付OKの大会もあるため
遠征費を低く抑えることが可能です。

 

※スプリントディスタンス

ショートディスタンスよりも短い距離で行うスプリントと呼ばれるレースもあります。
通常、スイム0.75km・バイク20km・ラン5kmで行われます。
最近は認知されてきたものの、ショートディスタンスに比べるとまだまだポピュラーとは言えず、
この距離設定がある大会は少なめです。
持久走的な要素はなく、終始ほぼ全力走で駆け抜けるエリートクラスの走りは圧巻です。
ただし、初心者が完走目的で出場するにはショートディスタンス以上に敷居が低く、
近場で開催される大会があるなら入門レースとして一番お勧めです。
 

ヒロヒロ

ワシはロングディスタンスが得意じゃ。


ナオナオ

佐渡島の大会で入賞したことあったよね。


橘

私はハーフが得意。


ジュンジュン

私はショートしか出たことないわ。
それ以上はたぶんスイムで溺れる・・・majide.


ナオナオ

ロングディスタンス出る人ってすごいよね、憧れるわー。


ヒロヒロ

確かに長い距離は大変だけど、
上位を目指すのであれば、どっちが楽とかはないと思うよ。


ナオナオ

私も挑戦してみようかな。


ヒロヒロ

同じトライアスロンでもショートとロングとでは
まったく別のスポーツと言ってもおかしくないよね。
スピードと持久力、自分の適性に会うところをやれば良いと思うよ。


 

今回は以上です!

note版ブログもよろしくお願いします!
https://note.mu/triaid

はちゃの!

【SNSで繋がりましょう!】
Facebookでの友達リクエストはいつでもWelcome!
https://www.facebook.com/tachibana.keisuke
メッセンジャーで、質問いただければ、
あなたの疑問に何でも(できる限り)お答えします。無料です。

Strava フォローする

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を