コロナ禍でのお盆、今年は親戚一同が集まることもなく静かに過ごしました。
地域のお祭りやイベントも全て中止で、
普段の毎日とそう変わらないお盆休みでした。

かと言って、練習に熱が入ったわけでもなく、
天気があまり良くない週だったこともあり、
家でゴロゴロしながら本読んだり、dアニメ観たりしながら過ごしました。

晴れ間が覗いたので、少しだけ自転車にまたがり枝折峠~銀山平へ。
密になる観光地は避ける意識でも、
登山などのアウトドアレジャーは盛んなようで、
標高約1070m地点の枝折峠てっぺんは県外ナンバーの車がたくさん停まっていました。

枝折峠は百名山の越後駒ヶ岳の5合目辺りです。
ここまで車で行き、そこから標高2,003mの山頂まで登山する人が多いです。
中には、トレイルランナーの姿もありました。

登山客を横目に、私は枝折峠から福島側へ下り、奥只見ダムのほとりの銀山平へ。
普段はクマなどの野生動物に警戒しながらライドしますが、
お盆は自動車やオートバイの往来が多く、動物との遭遇はありません。
そのかわり、交通事故に気をつけます。
峠道、調子に乗ってスピードを上げて走る自動車やオートバイが多いので。

標高の高い峠道では、ミヤマクワガタやオオクワガタに高確率で出くわします。
麓にもいないこともないのですが、涼しい環境を好むのでしょう。
標高700mを超えた辺りからのほうが遭遇確率は高いです。

ノコギリクワガタやコクワガタ、カブトムシは麓でも多く見られます。

交通量の多い休日は、路上でペチャンコになってることも多く、
すこし、かわいそうだな、と思いながら走ります。

お盆に甥っ子が遊びに来ている時などは、
捕獲して持って帰るのですが、
今年は、キャッチアンドリリースです。

銀山平、奥只見ダムに注ぐ西又川。
越後駒ヶ岳を支流にするこの川の水はとても冷たく、
夏でも泳いだりはとてもできません。
というか、手を入れて10秒もすれば引っ込めたくなるくらい冷たい水です。
釣り人でもある私は普段この辺で魚釣りをします。
お盆は他の釣り客で混雑するだろうと思って、釣りには行きませんでしたが、
ライドしながら見た感じだと、あまり釣り客は多くない感じでした。

オリンピックが延期になり、
高校野球は(公式試合は)中止。
出る予定だったトライアスロン大会も多くは中止となった今年の夏。
偶然だとおもいますが、家の周りのセミ(特にアブラゼミ)の声が例年の2割くらいで、
文字通り静かな夏です。

来年の夏は、もっと暑く、熱い夏を期待します。

PS
10月開催予定のアイアンマン70.3セントレア、
愛知県のコロナ患者が毎日増えている状況なので、
「ホントに開催できるのか、開催されたとして、感染リスクあるのに参加すべきなのか、辞退するべきか」
悶々とする毎日です。

今回は以上です!
はちゃの!

Follow Me -SNSも絶賛運営中!-

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で Triaid.net を